時代とともに変化する医薬品の現状

厳格なルールがある医薬品の販売法

医薬品を購入するためには大きく分けて3通りの方法があると言われています。
特別な許可を得てから販売することが義務付けられている医薬品は、その種類によって取り扱っている場所が異なっているのです。

もともと、医師の診察を受けた際に発行される処方箋に基づきながら薬剤師を通して薬を受け取るという流れが一般的だったと思います。
この時に医療用医薬品を処方してくれる場所というのがいわゆる薬局と呼ばれているところなのですが、この場合はドラッグストアと区別するために調剤薬局と呼んでおいた方が分かりやすいかもしれません。
この調剤薬局が営業している間は必ず薬剤師が常駐していて医薬品の管理をすることがルールとなっています。
一方ドラッグストアは受診することなく市販の薬を購入できる場所だと言えば分かりやすいでしょう。

医薬品の種類と入手できる場所

医薬品は医師によって処方される医療用医薬品と最近その中から新しいジャンルとして生まれ市販されるようになった要指導医薬品、そしてその他の一般用医薬品の3種類に分けることができます。

医療用医薬品は医師の指示を受けた薬剤師が処方してくれる専門的な医薬品で、その時々の症状や患者の体重に合わせて処方された個人的なものなので使いまわしや譲渡は避けた方がいいでしょう。
そこから分岐してドラッグストアなどでも購入できるようになったという要指導医薬品は限りなく医療用医薬品に近いもので使用には注意が必要であるという理由から、購入に際しては薬剤師の説明を受けなければならないという決まりになっています。
そして最後の一般用医薬品は、最近になって第1類~第3類医薬品のすべてにおいてネット上での販売ができるようになりました。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ